エフビットコミュニケーションズ株式会社


SI(システムインテグレーション)事業

FORTIGATE

UTMセキュリティアプライアンス

FORTIGATE

■巧妙化するセキュリティの脅威に対応し
 TCO削減を両立するFortiGate
■2004年以降、日本UTM市場シェアNo.1
■世界最速の驚異的な性能
■フルラインの多彩な機能
■圧倒的なコストパフォーマンス

 

ネットワーク セキュリティ ソリューション

ネットワークセキュリティソリューション

 

FortiGateのUTM機能

  フォーティネットの統合脅威管理(UTM)セキュリティプラットフォーム、FortiGateを利用すると、世界最速のファイアウォールテクノロジでネットワークを保護できます。 また、動的なネットワーク環境に合わせて、さまざまなセキュリティテクノロジを自在に導入できます。
  フォーティネットは10年前に初めてネットワークセキュリティ統合という概念を切り開き、その後もこの業界を牽引し続けています。単一のセキュリティプラットフォームに複数のテクノロジを統合することで、アプリケーション、データ、およびユーザーの可視性を高めながら、冗長で非効率なフィルタを排除しています。 その結果、パフォーマンスを強化しながら、ネットワークの統制を向上することが可能になっています。
  フォーティネットの自社開発のハードウェアとソフトウェアは、最も要件の厳しいネットワーク環境でも業界最高レベルのパフォーマンスを実現します。フォーティネット独自のFortiASICプロセッサにより、マルチギガビットの速度で悪意のあるコンテンツを検出するために求められるパワーが提供されます。フォーティネットは、極めて高いスループットと非常に低いレイテンシを実現した統合型のアーキテクチャを開発しました。 この独自のアプローチによって、脅威についてデータを正確にスキャンしながら、パケット処理プロセスを最小化します。
  FortiGateネットワークセキュリティソリューションには、広範なセキュリティテクノロジが実装されており、動的なネットワークを保護するために必要な機能を柔軟に利用できます。各FortiGateには、ファイアウォール、 不正侵入検知/防御、アプリケーションの可視化と制御、Webコンテンツフィルタリング、およびVPN、スパイウェア対策、WAN最適化、二要素認証、スパム対策などの主要なセキュリティテクノロジが含まれています。
  フォーティネットのハイパフォーマンスな統合脅威管理ソリューションによって、システム環境の可視性が向上し、正規のコンテンツ、信頼のおけるソースや承認されているアプリケーションに潜む脅威を検出できるようになります。この比類のないセキュリティ保護機能によって、アプリケーションをネットワークで安全に利用できるようになると同時に自動的に悪意のあるコンテンツや挙動をブロックできます。

 

FortiGateを支える4つのコア機能

  • Proxy/Flowの処理方式選択可能
    Proxy:High Security
    Flow:High Performance
  • 複数 Virus DataBaseから選択可能
    Standard、Extended、Extreame
 
  • 6700以上のシグネチャ
  • 複数の検知方式対応
    シグネチャ、アノマリ、プロトコル検査
  • 条件ベースでの一括ポリシー作成
         
  • 10分毎に更新されるデータベース
  • SMTP/POP3/IMAP4対応メール
    セキュリティ環境に透過導入
  • 11段階のセキュリティ検査
 
  • 圧倒的なデータベース数
    全世界2億ページ、8200万サイト
  • 78カテゴリによるセキュリティ設定
  • 手動リスト作成可能(ライセンス不要)

 

FortiAnalyzer集中レポートシステム〜ネットワークを可視化し、ログの集中管理と分析、グラフィカルなレポート機能を提供〜

FORTIGATE

ログ記録/分析/レポートアプライアンスであるFortiAnalyzerは、フォーティネット製品をはじめとする syslog互換の機器からログデータをセキュアに収集します。ユーザは、カスタマイズが容易な総合レポートセットを用いて、 トラフィック/イベント/ウイルス/攻撃/Webコンテンツ/電子メールデータといったレコードのフィルタリングや閲覧を実行するとともに、 それらのデータマイニングを通じてセキュリティの状態を判断したり、法令順守を徹底したりすることができます。
また、FortiAnalyzerは隔離されたファイルのアーカイビング、イベント相関、脆弱性評価、トラフィック分析、およびEメール/Webアクセス/インスタントメッセージ/ファイル転送コンテンツのアーカイビングといった、先進のセキュリティ管理機能を提供します。



ネットワークの可視化・レポート機能

FortiAnalyzerは、詳細なログを一元的に収集・分析する事で、トラフィックのアクティビティを分かり易いレポート形式にまとめる事が可能、管理者の作業を手助けします。


FORTIGATE


ネットワーク上トラフィックのアクティビティをレポート生成

■Webアクセスの履歴
■使用されているアプリケーションの報告
■Spam情報の統計など、グラフィカルなレポート生成が可能

 

技術仕様 FortiAnalyzer-200D FortiAnalyzer-300D FortiAnalyzer-1000D FortiAnalyzer-3000E
システム性能
ログ処理 GB/日 5 15 25 800
接続ログレート
(スタンドアローンモード)
120 200 3,000 15,000
最大ログレート
(ログ/秒:スタンドアローンモード)
350 625 5,500 50,000
管理可能なネットワークデバイス/仮想管理(ADOM)/仮想UTM(VDOM) サポート数(最大) 150 175 2,000 4,000
ハードウェア仕様
形状 ラックマウント(1RU) ラックマウント(1RU) ラックマウント(2RU) ラックマウント(2RU)
インタフェース総数 4xGbE 4xGbE 6xGbE, 2xGbE SFP 4xGbE, 2xGbE SFP
リムーバブルHDD数 - -
ストレージ容量 1x1 TB 2x2 TB 4x2 TB 8x2 TB(最大16TB)
RAIDストレージ管理 - ○(0,1) ○(0, 1, 5, 10) ○(0, 1, 5, 6, 10, 50, 60)
デフォルトRAIDレベル - 1 10 10
冗長電源(ホットスワップ対応) - -

 

FortiWeb Webアプリケーションファイアウォール

Webアプリケーションをリアルタイムに保護し、導入・維持管理工数を劇的に短縮


FORTIGATE
FortiWebは、通常のファイアウォールでは防げないWebアプリケーションに対する攻撃からWebサイトを防御する セキュリティアプライアンスです。
WAF(Webアプリケーションファイアウォール)/XMLファイアウォールによる防御に加え、脆弱性の診断、 Webページの改ざんを検知した際の自動復旧機能や、クレジットカード番号漏洩検知と ブロック機能を搭載。
また、クレジットカード業界における国際標準、PCI DSS 6.6(Payment Card Industry Data Security Standard)にも準拠しています。
加えて、ハードウェアベースのアプリケーション高速化、ロードバランシング 機能などを装備し、Webセキュリティアプライアンスの 新しい標準を確立しています。中規模から大規模の企業、そしてサービスプロバイダ向けに設計されているFortiWebは、 日本語化された管理画面で、導入・維持管理が容易に行えます。
また、FortiGuardサブスクリプションサービスによる動的な自動セキュリティアップデートにより常に最新の状態にFortiWebを保ちます。

製品情報

デスクトップモデル ミッドレンジモデル
FortiGate/FortiWiFi-90D FortiGate-1500D
FortiGate-80C FortiGate-1000C
FortiGate/FortiWiFi-60D FortiGate-800C
FortiGate/FortiWiFi-30D FortiGate-200Dシリーズ
FortiGate-100D
 

 





HOME | 小売電気事業 | メガソーラー事業 | ESP事業 | ISP事業 | VOD事業 | 通信事業 | SI事業 | CATV事業 | 会社概要 | 採用情報 | お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報保護について

Copyright © 2010 F-Bit Communications Corp. All Rights Reserved.

プライバシーマーク